たべものいろいろ

色の知育絵本

♥かわいい果物や野菜で色を覚える
♥1歳、2歳向け


 

≫絵本の読み方・作り方はこちら


あとがき

色をテーマにした知育絵本を作りたいと思い、この絵本を制作しました。子供にとって身近なカラフルなものって何だろう?と考えた時、真っ先に思いついたのが果物や野菜でした。イラストACに素材を提供されているhummingstar様の絵はシンプルながら可愛くて、絵本の挿絵にぴったり!楽しく絵本作りをさせていただきました。

ところで、絵本に登場する果物って、リンゴが多い気がしませんか?ちょっと気になったので、「絵本ナビ」で果物の名前を入れて何件ヒットするか、キーワード検索をしてみました。その結果がこちら。(2017年3月時点)

「りんご」…84件
「ばなな」…26件
「みかん」…12件
「ぶどう」…7件
「れもん」…4件

ダントツです!すごい!しかも、なんだか表紙やタイトルにインパクトのある絵本ばかりでした。例えば・・・

ads by A8.net


りんごがドスーン(作・絵:多田 ヒロシ)

で、でかい・・・。ドスーンって・・・(笑)

ads by A8.net


りんご りんご りんご りんご りんご りんご(作・絵: 安西 水丸)

そこまでリンゴを推さなくても・・・。しかも顔がちょっとシュール。
どちらの絵本も絵本ナビで試し読みできます。

ちなみに、詳細検索で絵本のみを絞り込むようにし、カタカナで検索しても件数は一緒でした。

なんでこんなにリンゴがモチーフとして扱われるのか。インターネットで調べてみましたが、残念ながらそういったことを調査しているページは見つからず。なので個人的な見解ですが、リンゴが絵本によく使われる理由は、“赤くて丸い”からではないでしょうか。赤ちゃんが認識しやすい色は、白黒赤の3色。形は、丸いもの。その二つの要素を持ち、かつ、離乳食でも初期の頃から使われる食材で親にとっても身近な存在。さらに、丸い形を顔に見立てやすく、擬人化しやすい。そういったことが理由なのではないかと思います。

皆さんはどう思われますか?

よろしければこちらの記事もご覧ください。
しろ・くろ・あか』―白黒赤理論について記載
にこにこぷんぷん』―赤ちゃんが丸い形を好む理由について記載


使用したフリー素材

SPECIAL THANKS!

イラストAC

hummingstar様(挿絵すべて)♥HPあり
kumi様(本のフレーム)

イラストレーター様のホームページ

TOMOKOOOBA HOMEPAGE

▲TOP


この記事の短縮URL
http://wp.me/p8qeWO-7Y