サイトマップ(全ページ一覧)

赤ちゃんに絵本はまだ早い?
絵本を、もっと身近に。
無料の絵本で気軽に読み聞かせ。

たべものいろいろ

たべものいろいろ

♥かわいい果物や野菜で色を覚える
♥1歳、2歳向け

たべものしりとり
– パラパラめくれるウェブ絵本  –
読む 

-PDFをダウンロード  –
M SXS


– スクロールして読む
下へ 

食べ物のイラストで色を覚える言葉の絵本

 

たべものいろいろ1

 

あか-りんご きいろ-れもん

 

たべものいろいろ2

 

きみどり-ようなし みどり-かぼちゃ

 

たべものいろいろ3

 

ちゃいろ-くり だいだい-みかん

 

たべものいろいろ4

ももいろ-もも

 

あとがき

色をテーマにした知育絵本を作りたかった

子供にとって身近なカラフルなものって何だろう?と考えた時、真っ先に思いついたのが果物や野菜だったんです。

じゃあ、色と果物や野菜をテーマに絵本を作ろう!こうして『たべものいろいろ』が誕生しました。

ところで、絵本に登場する果物って、リンゴが多い気がしませんか?

気になったので、「絵本ナビ」で果物の名前を入れて何件ヒットするか、キーワード検索をしてみました!

結果はこちら。(2017年3月時点)

  • 「りんご」…84件
  • 「ばなな」…26件
  • 「みかん」…12件
  • 「ぶどう」…7件
  • 「れもん」…4件

ダントツです!すごい!

 

しかも、インパクトのある絵本ばかりでした。例えば・・・

りんご大きい!(笑)

 

もの凄いリンゴ推し!(笑)

どちらも「絵本ナビ」で試し読みできます。

 

なぜ、こんなにリンゴがモチーフとして扱われるのか

インターネットで調べてみましたが、残念ながらそういったことを調査しているページは見つかりませんでした。

なので個人的な見解ですが、リンゴが絵本によく使われる理由は、“赤くてまるい、身近な存在”だからではないでしょうか。

一般的に、赤ちゃんが認識しやすいものとは、

  • 黒・赤といったハッキリした色
  • まるい形

この二つ。

リンゴは、まるい形を顔に見立てやすく、擬人化しやすい。

しかも、離乳食でも初期の頃から使われる食材で、親にとっても身近な存在

そういったことが理由なのかな、と思います。

 

みなさんは、どう思いますか?^^

「たべものいろいろ」について

  • 絵本製作:あかえほ(絵:ちびこママ)
  • ご家庭・保育施設等でのご利用に限り、PDF絵本をダウンロードいただけます。
  • 絵本は予告なく内容変更・削除となる場合があります。
  • 絵本および挿絵の二次利用はご遠慮ください。