ぽすとのぽすた

♥お手紙を書きたくなる、心温まる絵本
♥2歳、3歳向け

ぽすとのぽすた
★ただいま、絵本の大幅リニューアルおよびワードプレステーマ変更作業中につき、表示崩れがございます。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。


ぽすとのぽすた
– パラパラめくれるウェブ絵本  –
読む 

– PDFをダウンロード  –
M M


– スクロールして読む
下へ 

 

ほっこりとする、短い物語絵本

 

ぽすとのぽすた1

 

ぼくは、ぽすと。

なまえほ、ぽすた。

 

ぽすとのぽすた2

 

きみに、かわって

だいじな、おてがみ とどけるよ。

 

ぽすとのぽすた3

 

さいきん、おてがみ すくないよう。

めーるは、べんり。
だけどね・・・

 

ぽすとのぽすた4

 

おてがみ、もらうと
おかおが、にこにこ

こころが、ぽかぽか するんだよ。

 

ぽすとのぽすた-cover

 

おしまい

あとがき

2016年4月14日―この日がなんの日か、すぐに分かる方はどれ位いるでしょうか。

この日は、熊本地震が発生した日です。正確に言えば、熊本県と大分県で相次いで巨大な地震が発生しており、最初の地震が起きた日が4月14日でした。

夢宮 愛様の熊本応援イラスト。絵本サイト 「福娘童話集」でダウンロード可能です。

2011年3月11日と言えば?東日本大震災が発生した日ですね。この日のことは、きっとほとんどの方にとって忘れられない日ではないかと思います。

東日本大震災による被害はあまりにも甚大で、正に歴史に刻まれる出来事でした。

東日本大震災と比べてしまうと、熊本地震はじめ、その他の地震はどうしても人々の記憶から薄れてしまいがちかもしれません。

でも、どの地震でも、あるいは地震以外の災害でも、命を落としてしまった方がいたり、助かっても、大切な人を亡くしたり、家や職を失ったり・・・被害状況の差はあれど、被災された方にとっては一生忘れられない出来事のはずです。

熊本地震のニュースを見た時、私は海外にいました。日本にいたとしても、ずっと関東圏で生きてきたので遠方であることには変わりないのですが、こんなときに海外でのほほんと生活をしている事がなんだか心苦しかったです。

自分にできることは何か―まずは、海外にいる間は使う予定のないクレジットカードのポイントをすべて寄付に充てました。それから、思いついたのが絵本作り。

熊本県在住のイラストレーター、shinya様の絵を使わせていただき、今回のウェブ絵本『ぽすとの ぽすた』が誕生しました。

☞shinya様のイラストを使った他の絵本も見る

私は物語系の絵本を作るとき、なるべく素材を生かし、絵を見て感じたイメージからストーリーを作ります。

今回は偶然にも、「あたたかい気持ちを届ける」というテーマになりました。

直接の支援でなくとも、震災があったことを思い出し、応援する気持ち、復興を祈る気持ち、思いやる気持ち・・・この絵本を読んだ方が、そういった優しい気持ちになってくれたら嬉しいです。

熊本地震義援金の受付期間が延長
平成30年3月31日まで―熊本県HPより

「ぽすとのぽすた」について

  • 絵本製作:あかえほ(文:ちびこママ 絵:フリー素材)
  • ご家庭・保育施設等での利用に限り、PDFファイルを印刷してご利用いただけます。
  • 絵本は予告なく内容変更・削除となる場合があります。
  • 絵本および挿絵の二次利用はご遠慮ください。

絵本の中で使用したフリー素材

SPECIAL THANKS!

イラストAC

shinya様(表紙・裏表紙のイラスト、全ページのポスト)♠HPあり
nodeq様(表紙・裏表紙以外の背景全て)♥HPあり

イラストレーター様のサイト

日日oekaki

Night Flight’s Kettle

icon-clock-o 2017-02-27 icon-rotate-left  icon-user ちびこママ

あなたのシェアが励みになります!

Google+  B! Hatena  LINE  Pocket