絵本一覧 サイトマップ

【市販絵本のプチ紹介】にんじん せなけいこ

にんじん (いやだいやだの絵本)
株式会社 福音館書店
¥770(2022/06/07 17:42時点)

こちらの絵本を私目線でサラッとご紹介します。独断と偏見による個人的感想です。

※「どんな絵本?」の項目は絵本の内容に触れます。

どんな絵本?

ねないこ だれだ』などで有名な、せなけいこ先生の絵本。

にんじんが大好きな動物さんが次々と登場します。

最後に登場するのは人間のこども。にんじんたっぷりのお料理を食べているシーンで終わります。

おすすめ年齢

内容的には2歳前後くらい。

1ページあたりの文字数も少なく、シンプルな内容なので未就園児向けかな。

小学1年生の音読練習にはちょうどいいボリューム感。

読みやすさ

一文一文が短くてシンプル。

絵本の中で繰り返し出てくる「ああ おいしい」のフレーズに感情を込めやすい。

文字のあるページは11ページ。(全24ページ)

普通に音読して1分30秒。

使用文字はひらがなのみ。

この絵本を読んだきっかけ

我が子が生まれたときに実母からプレゼントで貰った。

サイズ・重さ

閉じた状態で16.5cm×16.5cm。A5スクエアよりも一回り小さい。

約126g。大学ノート1冊ちょいくらいの重さ。

ハードカバーでページは厚紙。

小さめのカバンでもすっぽり収まるサイズでありがたい。

個人的な感想

動物さんたちが次々登場しては、にんじんをおいしい、おいしいと食べている。

実にシンプルな絵本。

最後に登場する子供は・・・にんじん好きなのかな?どうなんだろう?(笑)

この絵本は、せなけいこ先生の「いやだいやだの絵本」というシリーズなんだけど、もしかしてにんじん苦手な子のための躾絵本なんだろうか・・・?

貼り絵の挿絵は、ほんわか可愛い。でも、もしかしたら子供によってはちょっと怖いと感じるかもな?個性的だからね。好み分かれるかも。

ちなみに私はこの絵本けっこう好き。

これ読むと、なんでか「ふふっ」って笑ってしまうのです^^

ご参考まで。

タイトルとURLをコピーしました