無料公開中の絵本『えんとつ町のプペル』の感想と作者について思うこと


みなさんは『えんとつ町のプペル』はもう読みましたか?

キングコングの西野さんと絵本の制作チームが手掛けた絵本で、ウェブで全ページ無料公開して大変話題に(むしろ論争に)なりましたね。

遅ればせながら、無料公開しているウェブ絵本を読んでみたので、ストーリーや制作過程について私が感じたことを書いてみたいと思います♪

☞『えんとつ町のプペル』は現在こちらのページで読むことができます


 

『えんとつ町のプペル』ってどんな絵本?

キングコングの西野さんが手掛けた、ということは結構皆さんご存知だと思います。

でも、この絵本は西野さん一人で制作したものではなく、分業制であるということは意外と知られていないかもしれません。少なくとも、私の夫は知りませんでした^^;

西野さんご自身が、公式ブログでご説明されています。

 

公式ブログスクリーンショット

絵本『えんとつ町のプペル』の制作は分業制。
「西野はゴーストライターを雇っている!」などと揶揄されることも多々あるのですが、いやいや企画立ち上げから、「今度は分業制で作ります」と発表しており、その為にお金(クリエイターさん達に支払うギャランティー)が必要なので、クラウドファンディングを利用しました。
絵本の最後には、いわゆる『奥付け』ではなく、スタッフクレジットページを設けており、この作品を一冊でも多く届けることが、制作に参加してくださったスタッフさんへの最大の恩返しだと僕は考えます。

分業制について思うこと

分業制という試み、個人的には素晴らしいと思います。

私も、こうして創作絵本のサイトを運営しており、ほとんどの絵本の挿絵はフリーイラストを活用しています。

すべてのイラスト制作者様に感謝の気持ちを込め、必ず素材提供元のサイトや作者様のお名前をリンク付きでご紹介しています。

 

こういうスタイルで絵本を作っている理由はザックリ言うと2つあって、

・自分で挿絵を描いていくには限界がある

・フリー素材にするにはもったいない!と感じるイラストを有効活用したかった

なので西野さんの考えに共感できる部分はあります。

 

著書だって共著があるし、漫画もグループでの制作、あるいは原作者と漫画を描く人が別、というパターンが多々あります。

絵本も、挿絵と文が別の人というスタイルは昔から存在しています。

ただ、絵本の場合は、一人の方が絵も文も手掛けているケースは確かに多いと思います。西野さんも、当初は一人で絵本を制作されていたようです。

なぜ、今回分業制で絵本を制作しようと考えたのか。それは・・・

 

「各専門分野のプロフェッショナルに仕事を委託して、制作費をかけて作った絵本」は、地球上に存在しないのです。
理由を聞けば、漫画や映画に比べて、基本的にメガヒットが出ない『絵本』というものは、制作コストをできるだけ抑えるのがセオリーとなっているそうです。
だから一人で作るしかありません。

しかし、です。
日本という、世界トップレベルのイラストレーターがゴロゴロ転がっている国に生まれたのに、その才能を活かさないのは、もったいない話です。

―【世界初】キングコング西野が、常識破りの手法で絵本『えんとつ町のプペル』を作る より

分業制という事自体は目新しい事ではありません。

ですが、敢えて外注してビジネスとして成立させようとするこのプロジェクトは、確かに話題になるし、クリエイターさんたちにとってもチャンスであるはず。

時に過激な発言をしたり、絵本の無料公開で大批判を浴び、炎上商法だ!などと言われることもある西野さん。

でも、結果的に話題になり売り上げになり、制作関係者さんたちに還元できたなら、彼のやり方は大成功だと言えるでしょう。

 

icon-clock-o 2017-07-07 icon-rotate-left  icon-user ちびこママ

あなたのシェアが励みになります!