絵本一覧 サイトマップ

小学5年生。数か月にわたり給食を食べることを拒否し続けた、子供時代の私の話。

食べることは生きることに直結する。

でも、毎日毎日当たり前に、3食ご飯が出てくる生活を送る子供にとって、時に「食」に対する優先度は著しく低くなる。

小学5年生のころ、私は数か月にわたり給食を食べることを拒否した。

きっかけは本当に些細なことだった。

そんなお話。

― スポンサーリンク ―
― スポンサーリンク ―

「これからは給食セットは自分で洗ってね」それがきっかけだった

小学5年生になった春、母親にこんなようなことを言われた。

「もう高学年なんだし、これからは給食セットは自分で洗ってね」と。

(めんどくさいなぁ・・・)

心底そう思った。

馬鹿みたいな話だと思われるかもしれない。これがきっかけで、私は何か月も学校で給食を食べることを拒否するようになった。

もちろん、最初のころは頑張って洗っていた。だが、次第に億劫になっていた。たかだか数分で済む、「給食セットを洗う」という行為が。

ある時、妙案を思いつく。

給食セットを使わなければ、給食セットを洗わずに済む。だから食べない。

そんな、いかにも子供らしい稚拙な考えで、私は給食を食べなくなった。

給食を食べなくても特に困らなかった。毎朝毎晩、大量のごはんを食べていたから

祖母は戦争を経験した人だ。

食べられるものがあるなら、子供にしっかり食べさせろ。そういう時代の人だった。

母は母で、子供をお腹いっぱいにさせねば、という思いがあったのだろう。

冷蔵庫は常にパンパンだったし、食卓にはいつも、たくさんの大皿が並んでいた。

子供ながらに、これらをキチンと平らげることが家庭の平穏に繋がると理解し、幼いころから無理してでも食べていた。

そんな環境だったから、給食を抜くくらいがむしろ丁度よかった。

おまけに、少し早く中二病が訪れた。

完全に、「給食を食べないワタシ」に酔っていたのだ。

「給食を食べないことをお母さんに言ってもいいか?」担任の言葉で徐々に食べるようになる

担任の先生は、私の顔色をうかがいつつ、何度か食べない理由を尋ねてきた。

が、頑なに答えなかった。

私の中には、「給食セットを洗いたくない」以外の答えが無かったから。

そんなアホみたいな理由を、小5の女子が言える訳がない。

あるとき担任は痺れを切らしたのか、「給食を食べないことを、お母さんに言って理由を聞いてもいいか?」と言ってきた。

それだけは避けたかった。絶対に。

そこから私は、徐々に給食を口にするようになる。

牛乳やパン、串のついたアメリカンドッグなど・・・「給食セットを使わずに食べられるもの」から。

人間、ちょっと胃袋に食べ物を入れると途端にお腹が空いてくるもの。

気が付いたら、普通に毎日給食を食べるようになっていた。

担任が結局母親にこのことを話したのか話さなかったのか、今でも分からない。

でも、言わないでいてくれたと信じて、このまま何もなかったことにしておこうと思っている。

これは本当にくだらない、私の子供時代の話。

本当にくだらない話。

だけど、当時の担任の先生は、私に対してどれだけ気を揉んだだろう。

心配をかけてしまって申し訳なかった。今となっては、謝りたくても伝える手段もない。

もしかしたら、本当は母も知っていたのかもしれない。知った上で、何も言わず、だからこそ毎朝毎晩、更にたくさんのごはんが食卓に並んでいたのかもしれない。

バブルの崩壊で家業が厳しい中、なんとかやりくりして、食材を買ってきてくれていたのかもしれない。

親の思い子知らず、だったのかもしれない。

本当にくだらない理由で、拒食の真似事をしてしまったと思う。

でも、案外子供って、そういう単純なところがあるのではないかと思ったりもする。

誰にでも、ほんの些細なことがきっかけで起こりえることかもしれない、と。

私も娘を授かった。この子が健やかに育ってくれることを心から願う。

ここまで読んでくださった方、私の昔話に付き合ってくださってありがとうございます。

これでおしまいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

+4
タイトルとURLをコピーしました