Google AdSense向けのads.txtを設置しました【ロリポップ×ワードプレス】

当サイトはワードプレスで運営し、Google AdSenseの広告を設置しています。勉強になるので、よくアドセンスのヘルプフォーラム icon-external-link を閲覧するのですが、最近「ads.txt」なるものが話題になっています。

「ads.txt」と言うのは、AdSenseなどの広告を掲載しているサイトに設置することが推奨されているファイルのことなのですが、まだ慌ててやる必要はありません。

が、いずれads.txtを設置しているのが当たり前、という日が来るような気もします。https化の話のように。やってみたら結構簡単だったので、サクッと設置してみました。


 


ads.txtとは

既に詳しい解説サイトが複数あるので、サラッと。

DoubleClick for Publishers ヘルプ icon-external-link では、ads.txtについて以下の説明があります。

サイト運営者またはパブリッシャーは、独自の ads.txt ファイルを作成し、自身が提供する広告枠の販売を許可する販売者を示すことができます。

(中略)

ads.txt ファイルを使用すると、特定のドメイン、アプリ、動画から配信されたと見誤らせるような偽の広告枠から自社のブランドを保護できます。認定販売者を宣言することで、偽の広告枠に奪われる可能性のあった広告主の支出を獲得して収益を増やすことができます。

ads.txt で認定販売者を宣言する

AdSenseヘルプの「自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する icon-external-link 」ページでも同様の説明があります。

 

…なんのこっちゃ?(´・ω・`)

って感じですよね、その気持ち、よ~く分かります(笑)

 

もうちょっと、分かりやすく説明して・・・。

例え話をしてみましょう。

想像してみてください・・・icon-arrow-down

あなたは大人気ブロガーです。ブログ名を仮に「ブログdeライフ.com」としましょう。ブログ飯できる位にPVも集められる、超優良サイトのオーナーです。

ある時から、あなたの人気にあやかり、「ブログdeライフ.com」の広告枠はこちらから買えますよ!と偽サイトへ誘導し、広告主を騙す悪徳業者が現れるようになりました。

悪徳業者の提供する広告枠は粗末なサイトばかり。

広告主は本物の「ブログdeライフ.com」からも離れていき、あなたのブログの評判も収入も、ガタ落ちになりました・・・。

 

これは困りますね!!( ゚Д゚)

でも大丈夫!そんな事態を回避するために誕生したのが、ads.txtです!

ads.txtがあれば、ここがうちの本物のサイトですよ!と宣言できるのです!

 

fluct magazine  さんの「そこが知りたいads.txt!書き方は?設置方法は?導入するとどうなるの?  」というページを参考にさせていただきました。とても分かりやすかったので、是非ご覧になってみてください。

 

じゃあ、どのサイトでもads.txtを設置するべき?

残念ながら、ads.txtを作成したからと言って、すべての広告主が偽サイトに騙されずに済む、という訳ではありません。あくまで、騙される可能性を減らすことはできますよね、というお話です。

将来的にはads.txtの重要度は高まるかもしれませんが、今の時点では、やらないよりはやった方が、あなたのサイトの信頼度が少しだけアップしますよ、って程度です。

ま、私のような弱小サイトでは、そもそもそんなに気にする必要はないですがね・・・(笑)

なので、操作に不安があるなら、まだ設置しなくて大丈夫です!

 

また、ads.txtは、“ルートドメイン”に設置するファイルなので、無料ブログなどではそもそも設置することができません。

 

ん?

…ルートドメインってなに?(´・ω・`)

ですよねー!(ノД`)意味が分かりません!

一言で言うと、サブドメインもサブディレクトリもない、どシンプルなドメインの事です。

独自ドメインを取った方は、シンプルに○○○○.comとか、××××.orgとかいう形だったはず。「ルート」=root、根っこ。根本の部分、という事です。

サブドメインと言うのは、blog.○○○○.comと、前に何か付けちゃったもの。

サブディレクトリとは、××××.org/blogと、後ろに何か付けちゃったもの。

無料ブログのURLは、このいずれかの形式になっていますね。これらの形じゃダメですよ、という事です。

独自ドメインを取って使うことができる無料ブログもあります。すると、見た目は○○○○.comのようにできます。が、一般的に大事なファイルはいじる権限がありません。

故に、無料ブログではads.txtを設置することができないんです。

 

もしかしたらこれからの時代は、本格的にブログを収益化するのであれば、無料ブログを利用したサイトは不利になっていくのかもしれませんね・・・。

アドセンスのサイト運営者IDを確認してads.txtに記載する文を作成する

前置きが長くなりましたが、ようやく本題です!お待たせしましたm(_ _)m

なお、本記事は、ロリポップ・ワードプレスでサイト運営をされている方が対象の記事となります。予めご了承ください。

ロリポップって?

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

 

ads.txtの具体的な書き方は、AdSenseヘルプ「自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する icon-external-link 」に記載されています。

 

最低限必要な内容は、以下の一行のみです。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※「pub-0000000000000000」の赤字の部分は、自分のAdSenseのサイト運営者IDに書き換えます。

AdSenseのサイト運営者IDの確認方法 icon-external-link は、

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [設定] をクリックします。
  3. [アカウント]、[アカウント情報] の順にクリックします。

以上の手順で確認してください。pub-で始まる16桁の数字です。

 

メモ帳に上記の一行のコードをコピペし、pub-の後をご自身のサイト運営者IDに書き換えておきましょう。

ロリポップのFTPを開きルートディレクトリにads.txtファイルを作成する

ここからは、ロリポップでads.txtを作成する手順の図説です。

ロリポップ!ユーザー専用ページ icon-external-link にログインし、サーバーの管理・設定→ロリポップ!FTPを選択します。

※初めてFTPにログインする際には、パスワードの入力が必要です。ユーザー設定→アカウント情報から確認できます。

 

ads.txtを設置するルートディレクトリのフォルダをクリックして展開します。

フォルダ名はワードプレスをインストールするときに作成した「公開アップロードフォルダ」の名前になっています。

当サイトの場合は「akaeho」です。

※下にいくつかフォルダがあるのは、サブドメインで別サイトを作った(そして挫折した笑)ためです。サイトを一つしか運営していない場合は、フォルダは一つだけ表示されているはずなので、そのフォルダを開けばOK。

ルートディレクトリについて、こちらのサイトに図説があるので、ご覧になってみてください。分かりやすいですよ。

 

 

フォルダを開いて直ぐのこの場所が、「ルートディレクトリ」という場所です。ここにファイルと作ると、“ルートドメイン”でads.txtを表示させることができます。

301リダイレクト設定をする時などに使う「.htaccess」ファイルなどが格納されている場所ですね。

この画面で、メニューの左から4番目にある「新規ファイル作成」アイコンをクリックします。

 

ファイル名に「ads.txt」と入力します。

先ほどメモ帳に記載した、ご自身のサイト運営者IDを入れたコードを入力欄にコピペし、保存するをクリックします。

 

はいっ、これでおしまいです!

どうですか?結構簡単だったでしょ?^^

ads.txtが正しく設置できているか確認する

ファイルの作成が完了したら、正しく設置できたか必ず確認してください。

 icon-exclamation-triangle 記述に間違いがあると、むしろ逆効果で、広告配信が止められる可能性があります!

ここまでの流れを読んで、もし難しいと感じるようであれば、慌ててads.txtを作成しなくて大丈夫ですよ。

 

URLの後に/ads.txtと入力してページを開けるか確認する

さて、確認方法ですが、ご自身のサイトドメインの後に、/ads.txtと打ってページを開いてみてください。

当サイトの場合で言えば、https://www.akaeho.net/ads.txtです。

あなたのサイトでこんな画面になればOKです!

 

rtbtrというサイトでads.txtが正しく設置できているかチェックする

ご自身のドメインの後に/ads.txtと打ち込んで無事にページが表示されることを確認したら、ads.txtが正しく設置できているかチェックしてくれる外部サイトでも併せて確認しておきましょう。

rtbtr icon-external-link というサイトでチェックができます。

ページを開くと、検索窓のようなボックスがあります。

http(s)://やwww.を除いた、ドメインの部分だけを入力して、CHECKボタンを押してください。当サイトで言うなら、「akaeho.net」のみを入力します。

 

グレーのボックス内に、結果が表示されます。

緑色でチェック icon-check が付いていれば、正しく設置されているということです。お疲れさまでした♪

 

ちなみに、rtbtrというサイトの情報は、iscle icon-external-link さんという情報サイトの「アドセンスでads.txtは必要?ads.txtを正しく設置する書き方 icon-external-link 」というページで知りました。ありがたや(*^^*)

iscleさんというサイトは、AdSenseのヘルプフォーラムでエキスパートとしてご活躍されている竹中文人さんという方が運営されているのですが、本当に勉強になるんです。AdSenseをやっている方は絶対にためになるはず。ぜひご覧になってみてください。

 

ads.txtは正しく設置しないと、最悪広告配信が止められる

ところで、pub-の後のサイト運営者IDを黒塗りで消していますが、これは、うっかり私のIDを記入しないよう、記事上では見えなくしているんです。(そんな人いないと思いますが、念のため笑)

当サイトのads.txtページにアクセスすると、勿論どなたでもads.txtをご覧になれます。

 icon-exclamation-triangle もし他人のIDが設置されているとAdSenseの管理画面で「あなたのIDとads.txtのID違うよー?」という旨の警告が出ます。そして、広告配信が止められます。

最近、無料ブログを利用してアドセンスを利用している方のサイトに警告が出たり、広告を止められたりしていたのはこのためです。

おそらく、無料ブログ運営会社のアドセンスIDがads.txtに記載されているために、個々のブログに設置した個人のアドセンスIDと一致せずに広告配信停止になってしまう、という状況が起きているのだと思います。

ただ、ads.txtを設置していた無料ブログ運営会社が、ads.txtを削除する対応を取り始めています。

無料ブログのご自身のサイトにads.txtを設置できない事には変わりないのですが、アドセンスの広告が止められてしまう問題はこれにより解決しますので、運営会社の対応を待ちましょう。

最後に

ロリポップでのads.txtの設置方法の流れについて、なるべく分かりやすいように書いてみました。

記事の中でも書きましたが、まだads.txtを慌てて作成する必要はないんです。書き方を間違えていると広告配信がストップするリスクがありますから、少しでも不安を感じたら、まだ手を出さないようにしてください。

私自身、「なんか騒がれてるけど、ワードプレスだしまだいっか~」なんて思っていました。

でもなぜ今回設置したのかと言うと、どなたかがうちのサイトでads.txtを見ようとした形跡があったからです^^;Google アナリティクスを見ていたら、ある日「Nothing found for ads.txt」という文字が。

これって、誰かがURLの後に「/ads.txt」を入れてページを開いてみた、ってことだよね・・・?と思い。重たい腰を上げて作成した次第です。

やってみたら、思っていたよりは簡単だったので、本記事を読んでできそうだな、と思った方は、作ってみてください^^

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

本記事の挿絵はフリーイラスト素材 ありさちゃんがいく!のイラストです。無料ダウンロードできますよ!

icon-clock-o 2017-11-15 icon-rotate-left  icon-user ちびこママ