サイトマップ(全ページ一覧)

赤ちゃんに絵本はまだ早い?
絵本を、もっと身近に。
無料の絵本で気軽に読み聞かせ。

ワードプレスで趣味ブログを始めよう!ロリポップ×ムームードメイン

【ロリポップ ×ムームードメイン】 ワードプレスで趣味ブログを始めよう!

 

ちびこママです!
icon-twitter Chibiko_mama

創作絵本&超雑記ブログの「あかえほ」は、この度、月間3万PVを達成しました…!(´;ω;`)

本当にうれしいです。ありがとうございます!

ところで、当サイトは

という環境で運営しています。

ブログって楽しいんですよ!今回は、ロリポップとムームードメインを契約し、ワードプレスを使ったブログの始め方をシェアしたいと思います^^

なお、本記事では、実際に記事を書き始めるところをゴールとしますので、細かい説明は割愛します。

ロリポップ!でスタンダードプランを契約する

ワードプレスを始めるためには、レンタルサーバーを契約する必要があります。

色んなサーバー屋さんがありますが、私は「ロリポップ!」さんを利用しています。

なぜロリポップ!なのか、一応話を聞いてください。

ブロガーさんは「エックスサーバー」推しの方が非常に多いです。

サーバーの安定性・高速・万全なサポートなどが理由のようで、長い目で見たら最初からエックスサーバーにするべきだ、と。

そういう情報は、レンタルサーバーを選ぶ時に目にしていました。

 

が、私は「ロリポップ!」を選びました。

 

理由は単純。ロリポップ!の方がお手頃価格で契約できるから。

 

エックスサーバーは月1000円前後から(契約期間によって変わる)

ロリポップ!は「スタンダードプラン」で月500円程度(契約期間によって変わる)

※各々、別途初期費用が必要です(キャンペーンで割引や無料の時もある)。また、実際には月払いではなく、契約期間分を一括払いです。

 

ブログって、アメブロとかライブドアブログとか、無料でも始められるじゃないですか。それだけに、いきなり月1000円の契約をするって、正直不安じゃないですか・・・?え、4桁・・・?みたいな。

私はそんな心理だったので、ロリポップ!さんを選びました。

 

月間3万PV(ページビュー。アクセス数のこと)を達成した今、不満があるか?というと、無い!です。(昔より色々改善されたらしいです。)

月間3万PVって、ロリポップのスタンダードプランであれば全然大丈夫。多分10倍くらいPVが増えても耐えてくれると思います。(根拠は割愛)

ブログって、最初は一日の訪問者が0~10人なんて当たり前。まずは月間300PV超えたらそれだけでも凄い事なんですよ!

先に3万PVと言ってしまったので、300PVなんてっ!と思うかもしれませんが、あかえほだって同じ道をたどっているので(笑)

ほらね?ちょっと分かりにくいですが。

月300回も自分のブログが読まれているって、冷静に考えたら凄いことですよね。

 

今回みなさんにおすすめしたいのは、あくまで「趣味ブログ」の運営です。

PV集めてナンボ!収益化!サーバー強化!なんてことは、あまり意識して欲しくない。

気軽に楽しみながら長く続けられるよう、敢えて安価の「ロリポップ!」をお勧めしたいと思っているんです。

ロリポップ!契約の流れ

さて、ここからはサクサク行きます(笑)

1.10日間の無料お試しを申し込む

ロリポップ!にアクセスします。以下のバナーからどうぞ。


 

画面中央のまずは無料の10日間ではじめようをクリック。

ロリポップ!トップ画面キャプチャ

 

お姉さんの吹き出しの中のスタンダードプランで10日間お試しをクリック。

10日間のお試し期間中であれば、他のプランへの変更は可能です。

が、実質スタンダードプラン一択かな。

エコノミーはワードプレス使えない。ライトは電話サポートない。ライトとスタンダードではサポート範囲、というか使える機能の範囲がまるで違うので。

2.必要事項の入力

①~④の入力フォームを埋めます。

①と②について、「アカウント名とドメインの組み合わせが、あなたのホームページURLになります。」とありますが、あとで独自ドメインを設定するので、あくまでログイン用のIDのようなものと思って設定してください。

つまり、深く考えなくてOK。

★入力した内容をメモしておきましょう。

お申込み内容入力 >」をクリック。

④連絡用メールアドレスは、今後のことを考えるとGmailがベスト。できれば個人利用している物ではなく、ブログ専用のアカウントで。
ぜひ、アカウントを新規作成してGmailアドレスを取得してください。Googleアカウント自体は一人で複数持っても問題ありません。
いいですか?ブログ専用のGoogleアカウントで、Gmailを利用、です。私を信じてください(笑)

 

名前・住所・電話番号を入力します。

「サーバー移行ですか?」→「いいえ」。画面を下にスクロール。

 

お支払いを自動更新にするに✔。

契約期間は1ヶ月・3ヶ月だと月600円、6か月以上で月500円。

任意項目ですが、ここは6ヶ月以上を選んで自動更新設定にすることをお勧めします!

自動更新にせずにウッカリ契約期間を過ぎる・・・つまりそれは、頑張って育てたサイトが無くなる、ということ。

 

10日が過ぎたら、本契約がスタートします。自動更新設定は後でマイページより変更可。

 

更に下にスクロール。私は有料オプションは要らないかな。

バックアップは、無料のプラグイン(アプリみたいなもの)があるので無くてもOK。

ウイルス対策ソフトは多分みなさん、何かしらPCに入ってると思います。

お申込み内容の確認 >」をクリック。

 

入力内容の確認画面です。

利用規約・プライバシーポリシーに同意しますに✔、私はロボットではありませんも✔、無料お試し開始をクリック。

 

申し込み完了画面になります。

ユーザー専用ページにログインするをクリックしてログイン。

 

無事、ロリポップに申し込むことができました。

ムームードメインで独自ドメインを取得する

独自ドメインはドメイン屋さんで取得します。ドメイン屋さんはどこを使ってもOK。

ロリポップ!と「ムームードメイン」はどちらもGMOペパボ株式会社が運営しているので、手続きがスムーズです。

そもそも独自ドメインとは何ぞ

独自ドメインは、ざっくり言うと自分専用のオリジナルURL。当サイトで言うなら「akaeho.net」。

「●●●.△△△」の●●●の部分を自分の好きな文字列にし、ドット以降の「△△△」は「com」など、複数の選択肢の中から選んで取得します。

あなたのブログのURLです。我が子の名づけをする気持ちでよ~く考えましょう!

●●●の部分が子どもの名前だとしたら、△△△は名字のようなもの。あまり長すぎず、覚えてもらいやすい文字列にしましょう。

 

ドメインは「ネット上の住所」という例えをよく見かけますが、私は「表札」のイメージです。IPアドレスとか聞きますよね、あっちが「住所」、ドメインが「表札」。

どう?なんかしっくりこない?(笑)

 

ブログのタイトルと独自ドメインを一緒にしてもいいし、どんなブログかを想像しやすい独自ドメインを取るのもいいですよ。ただし・・・

健康・医療・美容・お金関連のドメインはできれば避けて!
YMYL問題と言われています。今、専門家が書いた記事でない限り、これらのジャンルの個人ブログは検索エンジンで評価されにくいんです。
health/beauty/moneyなどを入れて特化ブログを作っても、個人では太刀打ちできません。
下手するとドメインを取り直すことになるので、ドメイン選びは慎重に!

 

「無料ブログを使う場合でも、自分の好きな文字列を入れるからオリジナルURLなんじゃないの?」と思う方もいるかもしれないですね。

例えばアメブロは「ameblo.jp/●●●/」になります。これは「アメブロの●●●です」と言っている感じ。・・・なんか聞き覚えありませんか?

「お世話になっております~株式会社××の●●●です~」

はい、そんな感じです(テキトウw)

ムームードメイン契約の流れ

1.好きなドメインが取得可能か確認する

ムームードメインで好きな文字列を入力してみてください。

以下のバナーからどうぞ。


お好きな文字列を入れて検索するをクリック。

 

2.ドット以降の文字列を選んで申し込む

取得可能なドメインが一覧表示されます。

ドット以降のお好きな文字列を選んで、カートに追加をクリック。

ここでちょっと注意が必要です。「.xyz」ってドメイン、39円と激安ですね。

でも、飛びつかないでください。カートに追加するのは、更新料を確認してから。

取得料が安いドメインは、更新料が高い場合があります。

ドメインの価格一覧(取得・更新・移管など)ムームードメイン

また、あまり見慣れないドメインだと、「怪しいサイトだ!」と思われる可能性も!

個人的には、取得料・更新料のバランスや、移管の可能性、ドメインが持つ元々の意味などを考えると、「.com」がベスト、「.net」でも可です。
(意味などの解説は割愛)私は取得料の安さから「.net」を選びました(笑)

★最近、日本語ドメインなるものが流行っていますが、私は普通のアルファベットのURLをオススメします。

日本語URLってね、色々不便な時があるんです・・・理由は割愛m(_ _)m私を信じて(笑)

 

カートに追加されたら、お申込みへ

 

ドメインが中古かどうかをチェック

ドメイン取得前に、ぜひ以下のサイトで、そのドメインを調べてみてください。

Wayback Machine

このサイトでは、そのドメインの歴史をチェックしてくれます。

 

未使用の場合、以下の画面になります。

そのドメインは、家に例えるなら言わば新築物件。安心して使うことができます。

 

過去に使われている場合は、以下の画面。

過去に利用歴があるドメインは、言わば中古物件。

カレンダーにクリックできる箇所があったら、押してみてください。

 

どんなページが表示されました?

怪しげなサイトが表示されたら、それは言わば事故物件・・・かも。他のドメインにしましょう。まだ間に合います。

中古ドメインを取るメリットもあります。が、初心者は“新築物件”のドメインを取るのがベターだと思います。

3.ユーザー登録

新規ユーザー登録をします。

AmazonアカウントかFacebookでもログインできます。が、こういう時は新規にユーザー登録するのが無難。

ほら、AmazonやFacebookのアカウント削除しちゃったら、どうなる・・・?とか考えるのメンドウでしょ?

 

メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約に同意して登録

ロリポップ!のときに、Gmailを設定しましたか?

ここでもそのGmailアドレスを入れておきましょう。

4.必要事項を入力してドメインを取得する

最初に重要な項目の選択肢があるので、間違いないようお願いします。

WHOIS公開情報は、「弊社の情報を代理公開する」(デフォルト設定)を選択します。

ここで「登録者情報を公開する」をわざわざ選択し直すと、あなたの名前や住所が公開されてしまうのでご注意ください。

 

その他、

  • ネームサーバ(DNS)の項目は「ロリポップ!」を選択しておく。(デフォルトは「ムームーDNS」)
  • 「連携サービス同時申し込み」欄でロリポップ!を申し込むことも可。個人的にはこういうのは個別に申し込みたい。
  • オプションサービス「ムームードメイン for WPホスティング」は、ネームサーバが「ムームーDNS」のみの提供なので✔しない。

  • ムームーメールも、ネームサーバが「ムームーDNS」が対象なので✔しない。

  • お支払い欄の契約年数、支払い方法はお好みで。年数によっては割引あり。

 

入力後、次のステップへ

 

「ドメインと一緒にいかがですか?」と連携サービスの案内があります。

下にスクロールし、次のステップへ

 

ユーザー情報入力欄に移ります。

必須項目を埋めて次のステップへ

 

確認画面です。利用規約を確認のうえ、同意✔、取得するをクリック。

 

ドメインが取得できました!

5.メールアドレスの認証をしてコントロールパネルにログイン

登録したメールアドレスに、アドレスの有効性認証のメールが届きます。メール内のURLをクリックします。

 

以下の画面が開きます。確認したら画面を閉じてOK。

 

ムームードメインのページに戻り、コントロールパネルに移動します。

緑色の人アイコンにマウスを当てるとメニューが出てきます。

 

こちらがコントロールパネル。

これで無事に独自ドメインの取得手続きが完了です。

独自ドメインをロリポップ!に設定する

ロリポップ!のユーザー専用ページにログインします。

「ロリポップ!アカウント」欄にロリポップ!契約時に決めた文字列、右側のプルダウンから、あなたが選択したドット以降の文字列(★)を選択し、ログインボタンをクリックします。

 

「独自ドメインを設定する」をクリック。

 

「独自ドメイン設定」画面になります。

「取得する独自ドメイン」欄に、ムームードメインで取得した独自ドメインを入力。

「公開(アップロード)フォルダ」に、分かりやすい文字列を入力します。私は取得した独自ドメインと同じものを付けています。

※公開(アップロード)フォルダを空欄のまま進めると、ちょっと都合の悪い場所に大事なフォルダが作成されてしまいます。必ず入力してください。

「独自ドメインをチェックする」をクリック。

 

「下記のドメインで設定を行います。間違いなければ、設定ボタンをクリック・・・」という欄が表示されます。

「設定」をクリック。

 

独自ドメインの設定完了です!

ロリポップ!でSSL化の設定をする

SSLというのは、簡単に言えばサイトを暗号化してセキュリティを強化すること。

URLはhttps~となります。

【関連記事】

ロリポップが無料の独自SSLを導入!WPのサイトを常時SSL化する手順
ロリポップでワードプレスのサイトを常時SSL化する手順をまとめました。プラグインでURLをhttpsに書き換える方法、手動で変更が必要だった箇所の対応方法、301リダイレクトの書き方などを記載しています。

ロリポップ!では無料の独自SSLを導入しているので、サクッと設定しておきましょう。

 

ロリポップ!ユーザー専用ページ
→セキュリティ
独自SSL証明書導入

独自SSL(無料)の項目で、SSL化するドメインに✔、「独自SSL(無料)を設定する」をクリック。

※下段に「www.」が付いたURLも表示されています。「www.」を付けるか付けないかはサイト運営者のお好みです(説明は割愛)。「www.」つきのURLも併せてSSL化しておくといいでしょう。

 

独自SSLの設定にも少し時間がかかります。少しお待ちを。

ワードプレスを“簡単インストール”する

設定した独自ドメインにワードプレスをインストールします。

 

ロリポップ!ユーザー専用ページ
→サーバーの管理・設定
WordPress簡単インストール

「サイトURL」は、「www.」付きか、無しかをプルダウンで選べます。最近は「www.」をあまり見かけないので、このままでいいと思います。

なお、「入力は任意です」の欄は、サブディレクトリと呼ばれるもので、入力すると後々、いろいろと面倒な思いをすることになります。(説明は割愛。)ここは空欄のままで行きましょう。

「利用データベース」の項目は「新規自動作成」になっていればOK。

 

「WordPressの設定」の項目では、

  • サイトのタイトル(後で簡単に変更可)
  • 任意のユーザー名(後で変更するのは大変)
  • 任意のパスワード
  • メールアドレス

を入力します。

♥ユーザー名やパスワードをメモしておいてね。

 

「プライバシー」欄の「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する。」には、デフォルトでは✔が入っています。

しばらくの間は検索エンジンに見つかりたくない場合は、✔を外しておきましょう。

 

これがワードプレスの管理画面。

設定表示設定検索エンジンでの表示

で後から設定を変更できるよ!

そろそろ検索エンジンに来て欲しいなと思ったら、✔を外しておきましょう。

 

全ての項目を入力したら、「入力内容確認」ボタンをクリック。

確認画面になります。

「インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます。」

というのは、2つ以上サイトを作ろうとしてワードプレスを複数インストールする場合、同じ名前の公開(アップロード)フォルダがあると、上書きして、前のは消えちゃうから気を付けてね!という注意事項です。

ワードプレスって1サイトにつき1個インストールするんです。ややこしいけど。

承諾するに✔、「インストール」をクリック。

 

インストールされました。

管理者ページURLをクリックすると、ワードプレスのログイン画面になります。

ワードプレスの初期設定

ワードプレスにログインします。

ワードプレス簡単インストールをした際に自分で設定したユーザー名とパスワード(♥)を入力してログイン。

 

こちらがトップ画面。

まずはプラグイン「SiteGuard WP Plugin」を有効化

セキュリティを強化するプラグインを有効化します。

プラグイン(インストール済みプラグイン)

最初からインストールされているプラグインは4つ。

まずは「SiteGuard WP Plugin」を有効化します。

 

有効化しました。画面上部に緑の帯で案内が出ます。

ログインページURLが変更になります。

 

「設定変更はこちら」をクリックすると、ログインページURLを好きな文字列に変更可。

変更はお好みで。

 

「変更後のログインページ名」をhttp://~からコピーして、ページを開きます。

このログインページURLは、このタイミングでブックマークに保存しておくと便利。

(メールでもログインページURLが送られてきます。)

もう一度ユーザー名とパスワードを入力し、画像認証(表示されたひらがなを入力)して再度ログインします。

サイトのURLをhttpsに書き換える

SSL化が完了しているか確認する

ロリポップ!でSSL化ボタンを押しましたよね。

ここでSSL化の手続きが完了しているか確認します。

画面上部にサイト名が表示されています。ここをクリック。

マウスを当てると「サイトを表示」というボタンも出てきます。どっちでもOK。

 

最初はみんなこのトップページ。(2018年8月時点)

アドレスバーの所に「保護されていない通信」と表示されています。

SSL化未対応のhttp~のサイトだと、Chromeは問答無用でこう表示するんですよ・・・。恐ろしや・・・。

 

頭に「https://」を足してみてください。

緑色で「保護された通信」と表示され、ページが表示されればSSL化が完了しています。

403エラーになる場合は反映待ちなので時間をおいてからもう一度。(1~2時間後)

次に見る時はページのキャッシュを削除して再読み込みを。

 

SSL化が完了していたら、ダッシュボード(管理画面)に戻ります。

サイトタイトルか、「ダッシュボード」をクリック。

今、httpsに書き換えた状態のままだと思うので、ここでもう一度ログイン画面が出てくると思います。

ユーザー名とパスワードを入力し、画像認証をしてログインします。

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)をhttps~に書き換える

設定(一般)

赤枠のアドレス(URL)ふたつが「http」で始まっています。

 

httpsに書き換えます。

ついでに、キャッチフレーズの「Just another~」は消すか、好きな言葉に変えておきましょう。

httpのあとに、半角英小文字でsを足すだけです。

必ず半角小文字になっているかご確認ください。余分な記号が入っていないかなども。
足すのはhttpのあとに、半角英小文字のsだけ。間違えるとアクセスできなくなります。

間違いないですか?

画面を下にスクロールし、変更を保存をクリックしてください。

 

ここで、またログイン画面になります。(しつこいね笑)

ログインすると、「一般設定」画面になります。

無事、アドレスがhttps~になりました!

httpをhttpsにリダイレクト設定

この時点では、httpから始まるURLにアクセスしても、サイトが表示されます。

この状態を放置してると後々厄介なので、http~にアクセスしてもhttps~にリダイレクト(自動転送)するよう設定します。

結構、重要な作業です。一つ一つ丁寧にやっていきましょう。

ロリポップ!FTPにログインして「.htaccess」ファイルを編集する

ロリポップ!ユーザー専用ページ
→独自ドメイン設定
ロリポップ!FTP

たぶん、自動的にFTP画面にログインできると思います。

 

もしパスワードを聞かれたら、ユーザー設定→アカウント情報の「サーバー情報」へ。

「表示」をクリックすると、パスワードを確認できます。

 

こちらがFTP画面。

 

フォルダを開きます。

 

「.htaccess」ファイルを探して開きます。

 

「.htaccess」ファイルの中身です。

ここで、ダウンロードボタンを一度ポチっと押しておいてください。
パソコンのローカルフォルダの「ダウンロード」フォルダの中に「htaccess」ファイルが保存されます。(windowsの場合。Macは分からんごめん)
このあと「.htaccess」ファイルをいじるのですが、万一失敗しても、ダウンロードした元のファイルがあれば上書きアップロードで元に戻せます。

 

以下のコードをコピーしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

 

#BEGIN WordPressの上に貼り付けて保存してください。

動画を参考にしてね↓

 

保存したら、http~であなたのドメインにアクセスしてみてください。

自動的にhttpsに転送されれば成功です!

Cocoonをダウンロードしてアップロードする

Cocoonはわいひらさんという方が作成した無料のテーマ。

いかに優れたテーマであるかは説明しきれないので割愛。

Cocoonをダウンロードする

Cocoonのサイトに行きます。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

トップページ画面中央のダウンロードボタンをクリック。

テーマのダウンロードページに移ります。

 

利用規約に同意のうえ、「親テーマ」「子テーマ」それぞれダウンロードします。

青いボタンをクリックするだけ。

 

パソコン内の「ダウンロード」フォルダ内に保存されます。

 

Cocoonをアップロードする

Cocoonを使う場合は、「テーマのアップロード」という作業を行います。

外観(テーマ)

新規追加ボタンをクリック。

 

「テーマを追加」画面になります。まずは「親テーマ」をアップロード。

テーマのアップロードボタンをクリック→ファイルを選択ボタンをクリック。

 

フォルダが開きます。

ダウンロードフォルダを選択。

「Cocoon-master-○.○.○..zip」という方が親テーマ。選択して開くをクリック。

※○.○.○の部分はバージョンの数字。ダウンロードのタイミングによって異なります。

 

今すぐインストールをクリック。

 

以下の画面になります。

「テーマのページに戻る」をクリックします。

 

続いて「子テーマ」をアップロード。

もう一度、

新規追加
テーマのアップロード
ファイルを選択で今度は「master.zip」を開き
今すぐインストール

この画面になったら、「有効化」します!

サイトを確認してみてください。トップページの見た目が変わりましたね!

まずはお好みのスキンを選んでスタートするとイイと思いますよ。

 

Cocoonには“着せ替え”ができるスキンがたくさんあるよ!

Cocoon設定スキンスキン一覧から選んでみてね!

 

Cocoonのカスタマイズについては、公式サイトをご参照ください。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

今のうちにやっておきたい、プラグインの削除と追加

ここまで来れば、記事を書き始めることができます!お疲れさまでした(*^^*)

あと少しだけお付き合いください。最低限やっておいた方がいいことがあります。

プラグインの削除・追加

プラグインの説明は割愛。使っているうちに何となく分かります。

プラグインの削除

最初から入っているプラグインがありましたね。まずはこれらを整理。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

→保留。コメント欄にスパムがコメントしてきた時にブロックしてくれるプラグイン。

最初の内はコメント欄を閉じておくことをオススメします。

設定が少々めんどくさいので、ある程度記事を書いてコメント欄をつけたいと思った時に有効化すればOK。

 

コメントの設定は設定ディスカッションだよ!

 

Hello Dolly

→説明文読んでみてください。要ります?(笑)削除でOK。

SiteGuard WP Plugin

有効化済みですね^^

WP Multibyte Patch

有効化しましょう。

追加するプラグイン

次に、追加しておきたいプラグインをご紹介します。詳しい説明は割愛。

私を信じて追加&有効化してください、お願いします。

大抵のプラグインは、管理画面上で追加できます。

プラグイン
新規追加
(検索窓にプラグイン名を入力)
今すぐインストール
有効化

Jetpack

有効化→Jetpackを設定をクリック。

 

↑の画面になればApproveでOK。

 

↑の場合は、GoogleアカウントでログインでOK。

最初の方でブログ専用のGoogleアカウントを、と書きましたが、作りましたか?

そのアカウントで進みましょう。

 

プラン選択画面になります。

Start with free →」をクリック。

 

以下の画面になります。

おすすめの機能の有効化をクリック。

本当は手動で微調整したいんですが、とりあえずはオススメ設定でOK。

 

でも余裕があれば、コレだけやっておいて。

Jetpack
設定
セキュリティ
→「総当たり攻撃からの保護

怪しいログイン活動をブロック」をオン!

Jetpackは多機能なプラグインで、有効化すると

  • XMLサイトマップ生成
  • お問い合わせフォーム機能
  • 画像のCDN、遅延表示機能
  • 統計機能

などが利用できるようになります。

Google XML Sitemapsとか、Contact Form 7とか、Lazy Loadなど、入れとくといいと言われているプラグインを省略できます。

 

また、統計情報が割と信用できます。

ブログを始めたらGoogleアナリティクスを入れよう、と聞きますが、アクセスが少ない間&ワードプレスの操作に慣れるまでは、Jetpackの統計だけで十分です。

今は余計な労力はなるだけカットしましょう。

EWWW Image Optimizer

画像をアップロードした際、自動で容量を圧縮してくれるプラグイン

とりあえず有効化のみでOK。

Imsanity

画像をアップロードした際、大きい画像を自動でリサイズしてくれるプラグイン

こちらもとりあえず有効化のみでOK。

スマホカメラで撮った写真は4000×3000pxくらいあります。ウェブ上で使う分には1024pxもあれば十分。

デフォルトでは最大サイズ2048×2048pxにリサイズしてくれます。設定を変える場合は設定Imsanityへ。

Classic Editor

プラグインの画面ではなく、ダッシュボート(ホーム)に一旦移動してください。

よく見ると色々書いてありますね。

2018年8月現在、ワードプレスのバージョンは「4.9.8」ですが、バージョン「5.0」以降、「Gutenberg」という新エディタに変更になります。

 

・・・意味分かりませんよね(笑)

 

要は、ブログ書くときの編集画面が、ガラッと変わるそうなんです。

 

ガラッと、変わります。

 

今使っているエディタは「Classic Editor」というプラグインをインストールして有効化しておかない限り、ワードプレスのバージョンが「5.0」に更新になった瞬間、問答無用で新エディタ「Gutenberg」に取って変わられるようなんです。

新しい Gutenberg 編集エクスペリエンス
コードネームは「Gutenberg」、WordPress の新しい編集エクスペリエンスが現在開発中です。詳細をお読みの上、テストしてみてください。

 

そうすると、一言で言うと、レイアウトが崩れます。直すのも大変と思われます。

今からワードプレスを始めるなら、Gutenbergをインスト―ルして、最初からお試し版のGutenbergエディタで執筆する方が得策かもしれません。ただし、今はGutenbergエディタに関する情報は非常に少ないです。操作でつまづいた時、情報が全く見つからない、という事態もあり得ます。

☆トップページよりGutenbergをインストールし、有効化をすると、403エラーページに飛ばされることがあります。

焦らず、ブラウザの「戻る(←)」ボタンをクリックしてください。

管理画面に戻れます。プラグインの一覧を確認すると、Gutenbergプラグインが追加され有効化されています。

 

現在のエディタを使い続けるためのプラグイン「Classic Editor」は、もしかしたら将来的には使えなくなり、嫌でもGutenbergエディタで編集しなければならない日が来るのかもしれません。

ただ、Classic Editorは長年に渡ってサポートされる(予定)、という話も聞きます。現在のエディタの方が使いやすければ、Classic Editorを選択してもいいと思います。

 

よく分からないですよね(汗)

でも、今はとにかく「Classic Editor」プラグインをインストールしておきましょう。

 

なお、プラグインの「更新」が来ていたら実行しておきましょう。古いバージョンのまま使い続けるとセキュリティ上危険です。

追加しなくても大丈夫なプラグイン

以下のプラグインは「Jetpack」というプラグインを入れれば、似たような機能を使えるので省略してOK。

  • Google XML Sitemaps
  • Contact Form 7
  • Lazy Load

また、

  • All in One SEO Pack

このプラグインでできることは、Cocoonというテーマに備わっている機能でほぼカバーできるので、こちらも省略してOKです。

そもそも、無料ブログではダメなのか

ダメではないです。

ただ、色々とデメリットも多い。例えば・・・

  • 広告が多い。変な広告も多い。とにかく広告が(ry
  • ある日突然ブログを消し去られる可能性(規約違反とか)
  • ブログサービス自体が終了して自分のブログもサヨウナラの可能性

↑2つめは意外とあり得るかも。商用禁止の無料ブログは多くて、ブログが育って収益化すると規約違反になる可能性が。

 

私は最初に、「趣味ブログを作ろう!」と言いました。

収益化せずに純粋にブログを楽しんでいても、無料ブログだと広告が雰囲気を壊したり、大事に育ててきたのに自分の意志と反する形でブログが消えたりする可能性はあります。

大げさかもしれませんが、ブログは資産であり、我が子のようなもの。

長く大事に育てていきたいので、なるべくリスクは抱えたくないんです。

 

何より、コストがかかっても、大きなメリットがあります。

  • デザインの自由度が高い。カスタマイズに関する情報が多く、自分好みのデザインを追求しやすい
  • 長く続けるほど、検索エンジンの評価があがり上位表示されやすくなる
  • レンタルサーバーとドメインの契約更新さえ怠らなければ、ずっとサイトを残せる
  • 収益化できる

確かにお金はかかるのですが。でも、計算するとロリポップ!(スタンダードプラン)ムームードメインの組み合わせで1ヶ月あたり600円ちょっと。

趣味って多かれ少なかれ、お金使うものですよね。

 

ひと月たったの600円程度で、インターネット上に自分の城を持てるって、凄いことだと思いませんか?

 

♥ちなみに、あかえほは無料ブログでスタートしてワードプレスにお引越し、収益化して、今ではサーバー代やドメイン代を広告費で賄えています。

更に収益の一部を寄付した上で、月2~3冊の本を買うことができています。趣味ブログからスタートしても、こんな未来が待ってるかもしれないよ。

まずは自由に楽しく書いてみよう(最後に)

新規投稿画面

この記事にたどり着いた方は、ブログに興味があり、やる気のある方だと思います。

中には、収益化のためにブログを始めたい!という方もいるかもしれません。

今、ブログの収益化はブームです。稼ぐためのノウハウが出回っており、ブログ=副業のような空気が流れています。

それも、一つのやり方だとは思います。

 

でも、さ・・・

 

楽しい?

 

私があなたに言いたいのはただ一つ。「まずは自由に、楽しんで!」ということ。

 

頑張ってブログを始めても、継続できずに閉鎖してしまう人はとても多い。

それって、楽しくないからだよね?辛いからだよね?

そんな無理しなくていいんです。お金払ってるからって、気負う必要ないんです。

 

ライティングスキルが!
Googleアナリティクスが!
サーチコンソールが!
SEO!収益化!

 

・・・そんなの、後でいいから!

 

写真やイラストを載せるだけだって立派です。

私は、「ブログを純粋に楽しみたいけど、敷居が高くて始められない・・・」という方に向けてこの記事を書きました。

 

まずは好きなこと書いて、楽しみましょう!

 

ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら



最後までお読みいただき、ありがとうございました。