イラストACで“投げ銭”寄付を実際にやってみた!Coincheckへの日本円入金からビットコインの購入~送金まで

ここ最近、仮想通貨の話ばかり記事にしてきました。

素材サイトのACワークスがBTCによる“投げ銭”を開始?!そもそもビットコインとは?
イラストACで「仮想通貨のかわいいイラスト」をリクエストしてみた話
仮想通貨取引する予定はないけどCoincheckのアカウントを作成してみた

きっと読者のみなさまの中には、こんな風に思っていた方もいたかもしれません。

「で、まだビットコイン買っていないの?」(イケハヤさん風!笑)

お待たせいたしました。バブルのように値を上げ続ける中、ついにビットコイン買いました。投げ銭しました。具体的な流れをご説明したいと思います。


 


日本円をcoincheckのウォレットに入金する

素材サイトのイラストAC icon-external-link 写真AC icon-external-link で、素材の作者さんへビットコインによる投げ銭寄付ができるようになりました。

ACワークスさんが指定している仮想通貨の取引所が、coincheck icon-external-link です。

アカウント作成の流れは以下の記事をご覧ください。

本人確認書類を提出したら、いよいよ仮想通貨の売買ができるようになります。が、そのためには、まずcoincheckのウォレット(口座)に日本円を入金しなくてはなりません。

株取引やFXをするにも、証券口座やFX口座を開設して、そこにお金を振り込んでから取引を開始するのと一緒ですね。

 

coincheckにログインする

まずは作成したアカウントにログインします。

2段階認証を設定した方は、スマホアプリのAuthenticatorを立ち上げ、画面に表示されている6桁のコードを入力して送信します。

2段階認証を設定していないユーザーからコインの盗難被害がよくあるそうなので、ぜひ設定しておきましょう。

 

日本円を銀行振込で入金する

ログインが完了すると、上の画面になります。メニューの中から「入金」をクリックします。

左サイドバーから「日本円/USドルを入金する」をクリックします。

「銀行振込」のタブが開いているので、この画面で振込口座を確認しましょう。振込先は、りそな銀行またはSBIネット銀行です。

銀行振込による入金手数料は無料です。

りそな銀行の場合、口座種別は当座で、口座番号はユーザーによって違うそうです。

振込先口座番号がお客様によって異なるのでご注意ください。
振込先口座番号が異なる場合は、ご入金がアカウントに反映されません。

SBIネット銀行の場合、ユーザID(7桁の数字)を振込人名義の前に付ける必要があります。

振込人名義を「ユーザーID あなたのお名前」にしてください。
IDを入力せず振り込んだ場合は、日本円入金のお問い合わせから入金の情報を送信してください。

私はSBIネット銀行の口座に振り込みました。同行の口座を持っています。夜8時頃にインターネットバンキングで振込手続きをし、約10分で着金と、入金もスムーズでした。同行宛なので振込手数料はかかりません。

 

2017年11月8日現在、1BTCは83万円辺りをウロウロしています。

coincheckでは0.001BTCから購入できるので、必要な日本円は最低約830円前後です。

でも中途半端なので、結局私は1000円coincheckに入金しました。

無事に入金が完了すると、先ほどのページ最下部の「銀行振込履歴」に、入金額が表示されるようになります。

また、登録しているメールアドレスに、coincheckから「入金が完了しました」という件名のお知らせメールも届きます。

これでコインが買えるようになりました。

 

銀行振込以外の入金方法はおすすめしない

銀行振込以外に、「海外からの入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の項目があります。

海外からは除外するとして、コンビニ入金、クイック入金は、いずれも手数料が756円からかかります。1000円から入金可能なので、最低1756円かかります。

手数料 icon-external-link 
コンビニ支払いでの入金方法 icon-external-link 
ペイジー決済(クイック入金)での日本円入金 icon-external-link 

クレジットカードで直接ビットコインを購入することもできますが、クレカ払いは最低購入額が日本円で5000円からです。

そんなに慌ててビットコインを買わなくてもいいと思うので(笑)、銀行振込で少額から入金するようにしましょう。

ビットコインを購入する

さて、いよいよビットコインを購入します。

左サイドバーの「コインを買う」をクリックします。

コインの種類を選ぶことができますが、最初はビットコインが選択されているのでこのままでOK。

入金した日本円が1000円なので、画面を開いた時点で1000円で買えるビットコインの数量が入力欄に表示されています。

この画面で言うと、1000円で0.0011969BTC。最低限だけ購入したい場合は、0.001と入力しましょう。そうすると、「合計1000.0JPY」の部分が自動的にその時点のレートで再計算されます。

画面を開きっぱなしにしていると、刻々とレートが変わり、ボックス内に入力してある分のBTCを購入するのに必要な日本円の合計額が、どんどん変わっていくのを見ることができます。

この画面を開いた直後は、0.0011948BTCで1000円ちょうどだったのが、数秒後にレートが変わり、999.57円で買えるようになりました。1000円出せば、あとちょっとだけ多くビットコインを買うことができます。

画面を更新すると、またその時点で1000円ちょうどで購入できるBTCの数量がボックス内に表示されます。

いつまでもレートを眺めていても仕方がないので(笑)、あとは覚悟を決めて「購入する」ボタンを押すだけです。

「購入する」ボタンの下にはこんな一文が・・・。

「購入する」ボタンを押した後のキャンセルは出来ません。

いいですか?キャンセルは出来ませんよ?

 

どきどき・・・。

 

えいやっ!

 

ポチっとな!!

 

ん?

 

coincheck.comの内容:
****BTCを****JPYで購入します。よろしいですか?

OH・・・orz

 

フェイントかい!(笑)使うブラウザによっても違うのかな?私はChrome使用です。「OK」をクリックして先に進みます。

すると、「コインを買う」画面に戻ります。一瞬、えっ?ってなりましたが(笑)、画面下部の「コインの購入履歴」のところにちゃんと反映されています。

また、coincheckから「btc_jpy購入完了のお知らせ」という件名のお知らせメールも届きます。

これでビットコインの購入が完了です!お疲れさまでした。

ちなみに、今回私が1000円で買ったビットコインは、0.0011955BTCでした。

ビットコインで寄付(送金)をする

日本円の入金とビットコインの売買は、本人確認書類提出後に郵送されるはがきが届いていなくても行うことができますが、コインの送金はまだできません。

すぐに“投げ銭”してみたい気持ちも分かりますが(笑)、はがきの到着をお待ちください。

本人確認書類提出~確認はがきの到着までの流れ

 

パソコンからビットコインを送金する

すべての取引ができるようになったら、「コインを送る」画面を開きます。

送付リストの編集」をクリックすると、上の画像のように、送付先の入力欄が展開します。

ラベルは、送信相手のニックネームなど、分かりやすいものを書きます。

新規宛先は、送信相手のBTCアドレスをコピペするのですが、余計なスペースが入ったりしないよう、確実に行ってください。

万が一アドレスに誤りがあると、コインがどこか別の人の口座に入ってしまったり、紛失、という事態になることもあり得るそうです。

そうなった場合、コインを手元に戻すことは不可能です。銀行のように組み戻し、みたいなことは一切できないので、十分ご注意ください。初めて送金する場合は小額から行うようにしてください。

 

送金相手のBTCアドレスを確認する

イラストACの場合、イラストレーターのプロフィールページ、またはイラストのダウンロードページでBTCのアドレスを確認することができます。

「BTCアドレスを確認」ボタンをクリックすると、QRコードと文字列のアドレスが表示されます。

すると、ポップアップでこのような画面が開きます。上の英数字の羅列がBTCアドレスです。繰り返しになりますが、余分なスペースなどが入らないよう、確実にコピーしてください。

 

BTCアドレスをコピペし、金額を指定して送金する

今回は、日頃の感謝の気持ちを込めて、ACワークスさんへ投げ銭してみたいと思います。

BTCアドレスをコピーして、coincheckの画面に戻ります。

新規ラベルに任意の名前を入力し、新規宛先にBTCアドレスを貼り付けて「追加」をクリックすると、下段に入力内容が表示されるので、「保存」をクリックします。

保存する際に二段階認証コードを聞かれるので、アプリを準備しておきましょう。

すると、「宛先」からプルダウンで、保存した送信先を選べるようになります。

宛先を選び、任意の送金額をBTC単位で入力します。今回は初めてという事と、小さい金額でも送金できるのか確認したいため、端数の0.0000055BTCを送金してみました。

手数料が0.0005BTCと表示されていますが、相手がcoincheckユーザーなら手数料は無料です。

ネット銀行などの振込手数料が、同行宛なら無料なのと一緒ですね。

送金する」ボタンをクリックすると、また二段階認証コードを聞かれるので、アプリで確認して入力してください。

送金が完了すると、「コインを送る」画面の下部の「コインの送金履歴」で確認できます。

また、登録メールアドレスにも「送金のお知らせ」というタイトルでメールが届きます。

1BTC約83万円として、4.5円くらいですね。

手数料はやはり無料でした。

すいませんね。日頃の感謝の気持ちを~とか言っておきながら少なくて(笑)でも、これくらいの金額を送ることも可能ですよ、という事を言いたかったんです、はい。

 

スマホアプリでQRコードで送金する

QRコードで送金したい場合は、Coincheckのアプリをダウンロードします。

Coincheck ビットコインウォレット

Coincheck ビットコインウォレット
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted with アプリーチ

アプリを立ち上げると、まず下の画像の左の画面になります。「 icon-reorder 」をタップしてメニューを開き、ログイン画面を開きます。

メールアドレスとパスワードを入力し「ログイン」ボタンをタップした後、二段階認証コードを設定している方はコードを聞かれるので、入力して先に進みます。

icon-reorder メニューから「送金」をタップすると、中央の画像のような画面が開きます。右上のQRコードのマークをタップして、PC画面に表示しているQRコードを読み取ってください。

ちなみに、トップ画面の右上にもQRコードのマークがあり、そこからもダイレクトにQRコード読み取り画面を立ち上げられます。

QRコードを読み取ると、宛先にBTCアドレスが入力されます。

好きな金額を入力します。スマホアプリだと日本円でいくらか表示されるんですね。

今回は0.00009BTC、約76円を再びACワークスさんへ。右上の「送金」をタップします。

二段階認証コードを入力して「送金」をタップすれば完了です。同じスマホで別のアプリを立ち上げてコードを確認するのが若干煩わしい(笑)

取引結果はスマホアプリ上で確認できます。 icon-reorder メニューの「取引履歴」を開いてみてください。

個人的には・・・スマホで二段階認証コードを確認して入力するのが面倒なので、わざわざアプリでなくても、パソコンでアドレスコピペの方が送金はしやすいな、と思います。

チャートとかサクッと見る分には、アプリの方が使いやすいんですけどね。

イラストACにビットコイン受け取り用のアドレスを設定する

イラストACにBTCのアドレスの設定するのは簡単です。

coincheckの入金ページから、「コインを受け取る」を選択します。最初に開いたページが、ビットコイン受取用のアドレス発行ページになっています。

間違えて他の種類のコインの受取用アドレスをコピペしてしますと、せっかくの投げ銭が受け取れないので要注意です。

「ビットコイン通常入金用アドレス」から「アドレスを作成」をクリックします。

BTCアドレスが表示されるので、コピーします。余分なスペースなどが入らないようご注意ください。また、「QRコードを表示」はしなくてOKです。

 

次に、イラストACのイラストレーター会員マイページにログインします。

左サイドバーの「ビットコインアドレス設定」をクリックし、開いた画面にBTCアドレスを貼り付け、「送信」ボタンをクリックします。

これで設定は完了です!QRコードは自動で表示されます。あとはご自身のプロフィールページやイラストのダウンロードページを見て、BTCアドレス表示ボタンがあるかをご確認ください。

 

【追記】11月15日、実際に投げ銭を受け取りました!

11月15日、ふと、アプリを開いてみると・・・

!?

最終的に、他のところにも寄付して総資産額¥0になっていたはずのウォレット。なに、この¥82って??

わざわざパソコンを開いて取引履歴を確認・・・。

+0.0001BTC?!

なんと!!どなたか分かりませんが、こんな未熟者の私宛に“投げ銭”してくださった方がいたようです!感謝!!

匿名で送金できる、と話には聞いていましたが、本当にどなたが投げてくれたのか、これだとサッパリ分からない・・・。

しかも、何の前触れも通知もなく、気づいたら受け取っていた、という感じでした。実際に受け取るとこんな感じですよ、という事で、追記として書かせていただきました。

本当にありがとうございます(*^^*)これからも頑張りますね!

ビットコインで寄付をするという選択肢(最後に)

イラストACの“投げ銭”寄付の話をきっかけに、一切やる気のなかった仮想通貨取引にちょこっとだけ足を突っ込みました。

仮想通貨って、やっぱりまだまだ不安要素が大きく、現実の通貨や有価証券とは全く別の立ち位置にいると思います。

でも、寄付という事に目を向けると、新たな可能性があるようにも思いました。

 

ビットコインによる寄付を受け付ける団体が増えている

イラストACの“投げ銭”は、まだまだシステムとしてピンと来ないかもしれませんが、ビットコインを利用した寄付は既に複数の団体で取り入れられてきています。

それは、ものすごく簡単に言ってしまえば、寄付したい相手に、小額から手軽に送金できるという事がメリットとして大きいからだと思います。

当サイトは、社会貢献活動として、広告収入の一部を寄付させていただいているのですが、今回ビットコインの口座を開設したことで、新たな寄付先の選択肢が増えました。

 

 icon-heart coincheckのビットコイン寄付

例えば、coincheckでは、支援が必要な方へダイレクトにビットコインを寄付できるシステムがあります。

ビットコインで寄付│coincheck icon-external-link 

現在は、「弘前の桜とお城のために」という名目で弘前市が寄付を受け付けています。 icon-external-link せっかく買ったビットコインなので、少額ですが、0.0001BTC、約83円を寄付しました。

一度送金してしまえば一気にハードルが下がります(笑)

弘前の桜とお城のために-ビットコイン寄付スクリーンショット

過去には、台湾地震、熊本地震、イタリア地震の被災者支援も。

coincheckが提供する寄付の場なので、受取相手もcoinchekck。送金手数料はかかりません。

 

 icon-heart Kizuna

また、Kizuna icon-external-link という、ビットコインで支援先に寄付ができるプラットフォームもあります。

現在、Kizuna経由で寄付できるプロジェクトが3つあります。

これから若者になるひとりひとりに 「つながり」と「経験 」を icon-external-link 」という名目で、大阪に拠点を置く認定NPO法人DxP(ディーピー)が主催するプロジェクトに0.0005BTC、約420円を寄付しました。

これから若者になるひとりひとりに 「つながり」と「経験 」を-ビットコイン寄付スクリーンショット

 

受取相手がcoincheckのウォレットではないため、こちらは送金手数料が0.0005BTCかかります。正直に言うと、ちょっと手数料が高いな~、という感じですね。

他の取引所も似たり寄ったりですが、例えばbitflyerの送金手数料 icon-external-link は0.0004BTC、zaifの送金手数料 icon-external-link は0.0001BTCから選択可。(ただし0.0006BTC以上推奨)

※zaifの送金手数料がなぜ選択制なのか?と疑問に思う方もいるかと思います。こちらの記事で、解説がありますので、ご興味のある方は読んでみてください。

ビットコインの送金手数料は、いくらにすればいい? icon-external-link │仮想通貨のやさしい始め方

 

送金手数料がすべてではないですが、寄付したい相手がcoinchekckユーザーとは限らないので、場合によっては複数の取引所のアカウントを作り、それぞれで少しずつ仮想通貨を持つというやり方もアリだと思います。

 

いずれも寄付の流れは、イラストACの“投げ銭”と一緒です。BTCアドレスをコピペするかQRコードを読み込んで、金額を指定して送信ボタンを押すだけ。

送る相手によっては送金手数料がかかりますが、本当に手軽に簡単に送金することができます。

これで、今回購入した 0.0011955BTCは、綺麗さっぱりなくなりました。

★今回の寄付分を含め、これまでの寄付の実績は、社会貢献のページにまとめています。よろしければご覧ください。

あかえほの社会貢献活動

 

イラストAC、写真ACの“投げ銭”用に、coincheckのアカウントを作るべきか?

イラストAC、写真ACに素材を投稿している方は、投げ銭を受け取れる側にいます。

本人確認書類の提出が必要なので、無理してcoincheckの口座を開設する必要はありません。

が、11月8日、ACワークスより、11月22日より海外版サイトを公開する旨の発表がありました。当面はダウンロードによるポイント付与はないのですが、BTCアドレスを公開していれば、ダウンロードユーザーから寄付を受けられる可能性はある、とのことです。

海外版サイトに素材を公開するかどうかは任意ですが、海外の方の目に触れる機会を持てるという事は個人的には素晴らしいと思います。

そして、皆さんが作った素晴らしい素材をダウンロードしたお礼の気持ちとして、BTCで気軽に寄付をしてくれる人もいるかもしれません。そういった「気持ち」の受け取り口を準備しておく、という意味で口座を持つのもアリかもしれません。

今回、私は1000円分のBTCを購入しましたが、coincheckのアカウントの作成自体は無料で、日本円の入金はせず、受け取り専用として口座を持つことももちろん可能ですから、迷っているなら、前に踏み出してみてはいかがでしょうか。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

後日談 icon-arrow-down (笑)

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

icon-clock-o 2017-11-08 icon-rotate-left  icon-user ちびこママ